adabatLadiesアダバットレディースルストレRSGX ライトテックパンツ

199910040

adabat(Ladies)(アダバット(レディース))ルストレ(R)SGX ライトテックパンツ

adabat(Ladies)(アダバット(レディース))ルストレ(R)SGX ライトテックパンツ

ライトな着心地で動きやすくスポーツシーンに活躍してくれる1枚渡り幅32H97股下78H100股下77素材:ナイロン100%(裏側ポリウレタンコーティング)【原産国】中国製【メーカー品番】999909C8601058【コメント】高耐水圧、高透湿、耐久撥水の高品質素材ルストレ(R)SGXを使用したパンツです▼ネイビー(093)前股上29渡り幅34

▼イエローグリーン(025)ウエストゴムなのでボディにナチュラルにフィットしてアクティブな動きをしっかりサポートします裾幅2240(L):W76〜86前股上28股下76H100渡り幅33前股上30

裾幅24【素材】※この製品は、ルストレSGX素製品寸法:38(M):W72〜82【カラー】イエローグリーン(025)/ネイビー(093)【サイズ】38/40/42【備考】裾幅2342(LL):W80〜90鮮やかなカラーリングにボーダーが映えるファッション性も兼ね備えたアイテム adabat(Ladies)(アダバット(レディース))ルストレ(R)SGX ライトテックパンツ adabat(Ladies)(アダバット(レディース))ルストレ(R)SGX ライトテックパンツ :AAB0199A0094:ファッションウォーカー オンラインショッピング 通販サイト
adabat(Ladies)(アダバット(レディース))ルストレ(R)SGX ライトテックパンツ adabat(Ladies)(アダバット(レディース))ルストレ(R)SGX ライトテックパンツ :AAB0199A0094:ファッションウォーカー オンラインショッピング 通販サイト

2. 9ピンの種類

9ピンにはさまざまな色、材質、長さなどがあります。メーカーによって、若干太さや硬さが違うこともあります。

色はゴールド、シルバー、金古美、白銀、銅など。材質はメッキが主流ですが、ゴールドフィルド、ステンレス製、チタン製のものもあります。経年劣化防止や金属アレルギー対策のためか、ひと昔前と比べると種類が豊富になりました。

基本的に、ひとつのアクセサリーに使う金属の色や材質は揃えた方が見栄えが良くなります。一緒に使用するピン類やカン類などと同じ色の9ピンを選びましょう。
同じビーズを使う場合でも、金属の色で大きく印象が変わります。

 

長さは、長すぎず短すぎない3㎝くらいのものが汎用性が高くておすすめです。

デザイン上、敢えて長い9ピンを使うこともあります。

3. 9ピンはこんなふうに使います

9ピンは一端を自分で丸めて使用するものです。

9ピンを丸めるために必要な工具はこちら。


上から時計回りに ニッパー、平ヤットコ、丸ヤットコ です。

9ピンを加工していきましょう。

※工程の写真に写っている手は右利きです
1.

9ピンにビーズを通します。

2.

ビーズの根元ぎりぎりのところで、直角(90度以上)にピンを曲げます。平ヤットコを使うと曲げやすいです。

グラスビーズやスワロフスキーエレメントなどは、曲げるときに欠けやすいので注意が必要です。

「第11番目の鍵」とは、ずばり潜在意識の活用です。

そんなこと、今まで散々語り尽くされているではないか!とお怒りの方が、たくさんおられることでしょう。
しかし、この 私の解説だけで「オリジナリティ、ゼロ」という評価をするにはちょっと早すぎます

この本の著者は、一般的に潜在意識といわれているものに「インナーCEO」という名前をつけて(本文では「潜在意識」という言葉は一切出てきません)、その活用方法を説いているのですが、その潜在意識というものの解釈と活用方法が具体的でわかりやすいのです。さらに、スピリチュアルな要素が加えられて誠実な論理になっているので、科学的に裏づけがないと思いながらも、著者の主張にのめりこんでいきます。

人にはそれぞれ、内なる支配者が存在し(つまりインナーCEO)、人の行動を監視し、司っている。インナーCEOは、その人の生まれてきた使命を知っており、それを果たすように導いてくれる。インナーCEOは、必要な情報はすべて知っており、本人が望めば、その情報を見えないネットワークを使ってすべて提示してくれる。だから、インナーCEOに要望書を提出すれば、あらゆる方法で、その要望を実現するように手はずを整えてくれる。しかし、すべてが叶えられるわけではなく、抽象的な内容のもの、その人の使命と合致しないものは却下される、というものです。さらに、本人に充分な準備ができていない(内面の成長が不足している)場合には、遠回りを強いるときもある、ということです。

私が解説するとどうも、既存の成功法則を組み合わせた私なりの解釈が入ってしまいます。実際の内容は、本当にオリジナリティのある、新鮮な内容です。ご興味のある方は、是非、一度読んでみてください。
この著者も、人生の中で数々の失敗をし、既存の成功法則本を読み漁ったクチだと思われます。成功を望んでいるけれども、なかなか実現しない人には、ひと筋の光が見えてくるのではないでしょうか。

蛇足ですが、この本の著者は、この手法は会社経営の手法としても有効な手段だと言い切っています。部下のある方は、有効なマネジメントの手法として、部下と分かち合いなさいと言っています。
この本を読みながら、アメリカの会社経営者の関心は、経済学や経営学の知識から心理学に関する知識・技術に移行しつつある、という見解の裏づけを強く感じました。

世の中、変わりますね!